学習支援アプリ の企画・開発 と プログラミング教室 運営

デジタルアート制作プログラミング

デジタルアート制作プログラミング

イベントは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

イベントの様子

 

 

 

イベントの内容

【講座名】デジタルアートを動かしてみよう!
     ~プログラミングで描くデジタルアートの世界を体験しよう~ 

【日 時】    2018年4月1日(日)
      13:30~16:00

【内 容】
   CG(コンピューターグラフィックス)は、私たちの生活の一部として、さまざまな視覚的
   イメージを見せてくれるものになっています。
   例えば
   ・映画やアニメで繰り広げられる、ダイナミックな映像。
   ・リアルな世界を表現してくれるゲームの映像。
   ・街中の電光掲示板などの情報表示。
   ・テレビの天気予報のような分かりやすい表示サイン。
   これらの映像は、その名の通りコンピューターを使って描かれています。
   最近のCGは、とても高精度になっていて、専用の描画ソフトを使って描かれていますが、
   その基本となる部分は、コンピューターのプログラミングにより実現されています。

   では、このグラフィックを描くプログラミングはどのようにして作るんだろう?
   どうしてグラフィック映像は、文字で表されるプログラムから作られるんだろう?

   そんな疑問について、実際に自分でプログラム作成に挑戦することで、学んでみませんか?
   この体験イベントでは、コンピューターグラフィックの基礎となるプログラミングを行い、
   どのようにしてグラフィックが描かれるかを体験する学習型イベントです!
   グラフィック映像の作られ方を理解し、さまざまな映像を確認しましょう!

   体験では、一人一人パソコンを使って、デジタルアートのプログラミングを行っていただきます。
   作成したプログラムで描かれる映像は、パソコン上で確認を行います。
   また、スマートフォンをお持ちいただけますと、ご自身のスマートフォンでも作成した映像を
   確認することもできます。
   初心者の方でも、順を追って説明いたしますのでご安心ください!
   プログラミングはキーボードを主に使って行います。小学生の方は、保護者の方の付添いをお願い
   いたしたく、よろしくお願いいたします。

【対 象】    小学4年生~大人まで 
   ※ローマ字が理解でき、キーボード入力が出来る方
    小4~小6までの方は、保護者の付き添いをお願いします。 

【参加費】    2,000円 

【定 員】    6名

【持ち物】    お手持ちのスマートフォン、筆記用具
   以下、必要に応じて各自でご用意ください。
   USBメモリ(作った作品をデータとして持ち帰りたい方)

   ※以下のものはこちらで準備いたします。
    ◎使用するパソコン

【場 所】    武蔵野プレイス 3F スペースB
   東京都武蔵野市境南町2-3-18
    ■JR中央線 武蔵境駅下車 南口を出てすぐ

”東京都武蔵野市境南町2-3-18”

 

注意事項
◎対象外のご年齢のお子さまをお連れになられた場合、座席数の都合上そのお子さまのお席をご用意できないこともございますので、あらかじめご了承をお願い致します。

春休みのこの機会にぜひご参加ください!

 

イベントは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

 

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ことつむぎ All Rights Reserved.